タコイカウイルス 速アップ

PCのソフトウェアなどの紹介や、便利サイトの紹介、ニュースなどの紹介をします。

ホーム > スポンサー広告 > タコイカウイルスホーム > ニュース > タコイカウイルス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タコイカウイルス

今回はウイルスについてのニュースを紹介します。
ソースは

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1261129578/

ファイルを「魚介類の画像」で上書き、「タコイカウイルス」に注意
ファイル共有ソフト経由で侵入、ユーザー情報などを盗む“機能”も
2009年12月18日

セキュリティ企業のトレンドマイクロは2009年12月18日、年末年始はインターネットを使う機会が増えるので、
セキュリティに注意するよう呼びかけた。その一つが、ファイル共有ソフト経由のウイルス感染。
2009年夏以降、「タコイカウイルス」と呼ばれるウイルスが感染を広げているという。

タコイカウイルスは、動画ファイルに見せかけて、ユーザーに実行させようとする。ファイル名は、
「<動画タイトル名>.mp4(多数のスペース).scr」(図1)。多数のスペースを挿入することで、
拡張子が「mp4」の動画ファイルに見せかける。

ファイルのアイコンは、動画ファイルのアイコンに偽装。ファイルのサイズも、
無意味なデータを加えることで200MB以上にし、動画ファイルだと誤認させる。

タコイカウイルスの実体は実行形式ファイル。開こうとしてダブルクリックすると動き出す。
動き出したウイルスは、拡張子以外が同じ名前のaviファイルを作成し、メディアプレーヤーなどで再生させる(図2)。

ユーザーにとっては、中身は期待していたものと異なるものの、動画ファイルを開いただけのように思える。
しかしその裏では、ウイルスの本体が実行。パソコンに保存されているファイルを、
同じファイル名の画像で上書きする(図3)。この際に使われる画像は、タコ、イカ、ウニ、クラゲ、サザエ、
アンコウ、ナマコなど。使われる画像はランダムに決められる。

被害はこれだけにとどまらない。タコイカウイルスは、別のウイルスも生成して実行する。
このウイルスは、パソコンの情報(デスクトップ画面やユーザー名/コンピューター名など)を収集し、
外部に送信している可能性があるという。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20091218/1021665/ph1.jpg
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20091218/1021665/ph2.jpg
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20091218/1021665/ph3.jpg

画像は消えるまでです。

怖いですねー
まぁP2Pを使わなければいい話ですけど。。。
そういえばもう少しで規制が始まりますね
こんな悪法が通って良いはずは無いんですけど……

どうせ法律が成立しようがやめている人はとっくにやめている筈なので
減ることは無いんでしょうけど……


今回はこれくらいで
[ 2009/12/18 19:57 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
amazon
月別アーカイブ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。